障害者相談支援センター 輪っふる

輪っふるメイン画像

市内におられる障害をお持ちの方、ご家族の方、関係機関の方などに利用していただく相談窓口です。

地域で生活していくために必要な情報提供や、関係機関の紹介、福祉サービスの利用、社会資源活用などの援助を総合的に行っています。

~行っている業務~

・特定相談支援:障害福祉サービス利用に必要なサービス等利用計画の作成

・地域相談支援:地域移行支援、地域定着支援

~自治体からの委託業務~

・西宮市精神障害者地域移行推進事業:西宮市の住民票を持つ人で、精神科病院に1年以上入院されている方への面談や退院等に向けた支援を行います

・兵庫県精神障害者地域移行推進事業:精神科病院へピアサポーター等と訪問し、入院中の患者さんへのプログラムを提供します

(指定上の体制等について)

以下の体制を西宮市に届け出しています

・精神障害者支援体制

・要医療児者支援体制

・主任相談支援専門員配置

・ピアサポート体制

・行動障害支援体制

輪っふるが大切にしていること

・障害のある人がそれぞれ、自分が求める生き方を主体的に追求することが、その方のリカバリーです。障害のある方の可能性を信じ、その人らしい生活を送ることができるよう、相談支援を通じて応援します。

・ピアサポーターと共に、障害や病気に関する正しい知識と理解を啓発活動を通して社会に発信し、誰もが自分の暮らしたい場所で、生き生きと暮らせる共生社会の実現を目指します。

※ピアサポーターとは?

 ピアには、「対等・仲間」という意味があります。ピアサポーターは精神障害当事者支援員です。当事者同士が、心の痛みや弱さを共感出来ること、喜びを共有し合えることは、同じ病気をもつ方にとって何よりも大きなパワーです。互いが互いの応援者であると感じながら、ピアサポーターは、同じ障害があることを強みに活動しています。そして仲間同士のより良い人生の歩みを目指しています。

ご利用について

~こんなときご相談ください~

〇サービス等利用計画の作成が必要なとき

~障害福祉サービスを利用する方、お一人お一人に相談支援専門員が担当し、将来の目標ややってみたいことについて一緒に考え、その人らしい生活を送るためのお手伝いをします。ご本人に関わる人にも入っていただく会議で、ご本人の気持ちを聴き、必要に応じて福祉サービスの調整をします。


〇退院の手伝いをしてほしいとき

~地域移行支援をご利用できます。精神科病院等に入院中の方の退院のお手伝いをします。病院まで輪っふるが面会に行き、お話を聴いたり、退院後の住居を探したり、働く場を一緒に見学に行ったりします。退院してみたい、退院後はどんな生活ができるのか等、退院後の地域生活を一緒に考えます。


〇退院後の生活が心配なとき

~退院後に一人暮らしをされる方対象に、地域定着支援をご利用できます。常に連絡が取れる体制を確保し、緊急訪問や相談などで心配事を一緒に解決するなど、暮らしに慣れていくためのお手伝いをします。


~利用方法~

上記のサービスをご希望の方は一度輪っふるまでご連絡ください。

※現在、サービス等利用計画の作成については新規の受付を止めさせていただいております。地域移行支援についてはご相談ください。


~利用料金~

サービス利用自体に費用はかかりません。

ただし、サービス利用にかかる交通費等、実費がかかる可能性があります。

輪っふるからのお知らせ

 New 正規職員を募集します。職員採用情報をご覧ください(2024.4.23更新)
 New 個別面会活動者養成研修を実施しました。(2024.5.20更新)
 New 個別面会活動のシステムを構築しました。(2024.5.20更新)

採用情報

職種

相談員

勤務先

特定非営利活動法人ハートフル
障害者相談支援センター輪っふる

勤務地の住所

662-0866  兵庫県西宮市柳本町8-15-2

給与情報

月給 203,000円〜203,000円(その他の手当ては別途支給)

給与例

基本給170,000円+各種手当(処遇改善、特定事業、ベースアップ)3,3000円+賞与(年2回)

その他:資格手当(社会福祉士、精神保健福祉士、公認心理士、介護福祉士は10,000円)、経験給(過去の経験年数×1,500円)、勤続経験手当(5000円/3年毎)、昇給(2500円/年)、交通費実費支給

雇用形態

正社員

仕事の内容

相談支援センター輪っふるでの業務

・障害福祉サービスを利用される方への計画相談作成

・地域移行支援、地域意定着支援 など

経験・資格

病院での退院支援の経験 または 相談業務の経験あれば尚よし

相談支援専門員、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士、公認心理士の資格保有者歓迎

普通運転免許 必須

採用人数

1名以上

就業時間・時間外労働

就業時間 9:0018:00
休憩時間 60

休日・休暇

毎週木曜日・日曜日、祝日
夏季休暇(3日)、年末年始休暇(12/291/3)、有給休暇(6カ月経過後に10日間付与)

※法人独自の休暇として、子の看護休暇(未就学時の子どもの看護のための休暇を3日/年)

子の育児目的休暇(小学生までの子どものための休暇を3日/年) があります。

年間休日数

126日 ※休日の多い職場です

社会保険等

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

退職金制度

退職金共済加入

定年制、再雇用

定年 65歳 まで(70歳まで勤務延長あり)

試用期間

あり 3か月間 

募集条件に係る特記事項

・ワードやエクセルなどのPC操作スキル 必要

応募方法等

・ハローワークを通じての応募

・お電話でお問い合わせいただき、履歴書と職務経歴書を送付してください

選考方法

書類選考のうえ 面接を実施します

勤務先最寄り駅

阪急線西宮北口駅 阪神西宮駅 JR西宮駅 いづれも徒歩15

備考

相談支援専門員が4名、ピアスタッフ6名、事務員1名在籍の事業所です。経験豊富な相談員もおり、協力しながら仕事ができ、しっかりと個別支援ができる職場環境になっています。じっくりと相談支援をやっていきたい方、スキルアップを目指す方はぜひお問い合わせください。また、年間の休日日数も多く、法人独自の休暇制度もありますので、子育てとの両立もしやすくなっています。ご興味のある方はぜひご応募ください。

 

研修報告(個別面会活動者養成研修)

2024119日(金)、20(土)に個別面会活動者養成研修を行いました。この研修は精神科病院に長期入院されている方のお声を聴きに行くボランティアを養成する目的で、福祉従事者を対象にしました。

今まで西宮市精神障害者地域移行推進事業にて、病院・行政・地域の支援者が一緒になって精神障害者のよりよい生活の実現に向け取り組んできた背景から、企画段階から3者が何度も検討を重ねてきました。これは西宮独自で、この研修の醍醐味です。

精神科病院や精神疾患、歴史のことを病院の相談員や看護師、個別面会活動の目的を行政の職員、活動の姿勢や活動の実際の場面、人権については地域の支援者が講師として、グループワークやロールプレイも交えながら理解を深めてもらえるようお話しました。また、実際に長期入院から退院されて現在地域生活をされている方にピアサポーターがインタビューした映像も好評でした。

現在、長期入院されている方に面会の希望を確認しており、準備が整い次第ボランティア登録された活動者の方と面会に行きたいと考えています。

輪っふるとしても、この活動を広めていきたいと思っているので一緒に活動するのがとても楽しみです。

(右に掲載している写真は、研修チラシと、行政の職員からご寄稿文を頂いた当法人の機関紙です。機関紙は、当法人の会員の方にお送りしております。ご賛同頂ける方は、ぜひ会員になって下さると嬉しいです。)