障害者相談支援センター 輪っふる

輪っふるメイン画像

市内におられる障害をお持ちの方、ご家族の方、関係機関の方などに利用していただく相談窓口です。

地域で生活していくために必要な情報提供や、関係機関の紹介、福祉サービスの利用、社会資源活用などの援助を総合的に行っています。

~行っている業務~

・特定相談支援:障害福祉サービス利用に必要なサービス等利用計画の作成

・地域相談支援:地域移行支援、地域定着支援

~自治体からの委託業務~

・西宮市精神障害者地域移行推進事業:西宮市の住民票を持つ人で、精神科病院に1年以上入院されている方への面談や退院等に向けた支援を行います

・兵庫県精神障害者地域移行推進事業:精神科病院へピアサポーター等と訪問し、入院中の患者さんへのプログラムを提供します

輪っふるが大切にしていること

・障害のある人がそれぞれ、自分が求める生き方を主体的に追求することが、その方のリカバリーです。障害のある方の可能性を信じ、その人らしい生活を送ることができるよう、相談支援を通じて応援します。

・ピアサポーターと共に、障害や病気に関する正しい知識と理解を啓発活動を通して社会に発信し、誰もが自分の暮らしたい場所で、生き生きと暮らせる共生社会の実現を目指します。

※ピアサポーターとは?

 ピアには、「対等・仲間」という意味があります。ピアサポーターは精神障害当事者支援員です。当事者同士が、心の痛みや弱さを共感出来ること、喜びを共有し合えることは、同じ病気をもつ方にとって何よりも大きなパワーです。互いが互いの応援者であると感じながら、ピアサポーターは、同じ障害があることを強みに活動しています。そして仲間同士のより良い人生の歩みを目指しています。

ご利用について

~こんなときご相談ください~

〇サービス等利用計画の作成が必要なとき

~障害福祉サービスを利用する方、お一人お一人に相談支援専門員が担当し、将来の目標ややってみたいことについて一緒に考え、その人らしい生活を送るためのお手伝いをします。ご本人に関わる人にも入っていただく会議で、ご本人の気持ちを聴き、必要に応じて福祉サービスの調整をします。


〇退院の手伝いをしてほしいとき

~地域移行支援をご利用できます。精神科病院等に入院中の方の退院のお手伝いをします。病院まで輪っふるが面会に行き、お話を聴いたり、退院後の住居を探したり、働く場を一緒に見学に行ったりします。退院してみたい、退院後はどんな生活ができるのか等、退院後の地域生活を一緒に考えます。


〇退院後の生活が心配なとき

~退院後に一人暮らしをされる方対象に、地域定着支援をご利用できます。常に連絡が取れる体制を確保し、緊急訪問や相談などで心配事を一緒に解決するなど、暮らしに慣れていくためのお手伝いをします。


~利用方法~

上記のサービスをご希望の方は一度輪っふるまでご連絡ください。

※現在、サービス等利用計画の作成については新規の受付を止めさせていただいております。地域移行支援についてはご相談ください。


~利用料金~

サービス利用自体に費用はかかりません。

ただし、サービス利用にかかる交通費等、実費がかかる可能性があります。

採用情報

現在募集はありません

アクセス

運営主体 特定非営利活動法人ハートフル

事業所名 障害者相談支援センター輪っふる

住  所 〒662-0866 兵庫県西宮市柳本町8-15-2F

電話番号 0798-71-5446

Fax    0798-78-2779

Mail   wa-full2006@piano.ocn.ne.jp


開所日時 月曜日、火曜日、水曜日、金曜日、土曜日 9:00~17:00

休日   木曜日、日曜日、祝日